臘梅

Furigana
Verticale
Ridimensiona Testo
Reset
 

わが裏庭の垣のほとりに一株の臘梅らふばいあり

ことしもまた筑波つくばおろしの寒きに琥珀こはくに似たる数朶すうだの花をつづりぬ

こは本所ほんじよなるわがにありしを田端たばたに移し椊ゑつるなり。

嘉永かえいそれの年にられたる本所絵図ほんじよゑずをひらきたまはば、土屋佐渡守つちやさどのかみの屋敷の前に小さく芥川あくたがはと記せるのを見たまふらむ。

この芥川ぞわがなりける。

わが徳川家とくがはけ瓦解ぐわかいのちは多からぬ扶持ふちさへ失ひければ、朝あさのけむりの立つべくもあらず、父ぎみ、叔父をぢぎみ道に立ちて家財のたぐひすら売りたまひけるとぞ。おほぢの脇差わきざしもあとをとどめず。

今はただひと株の臘梅のみぞ十六の孫には伝はりたりける。

臘梅らふばいや雪うちかす枝のたけ

(大正十四年五月)

今の日本語

これは本所の養家にあったのを、田端に移椊したものです。

嘉永の年に作られた本所の地図を見ますと、土屋佐渡守の屋敷の前に小さく「芥川」と記されています。

この「芥川」というのが私の家なのです。

私の家も徳川家が瓦解してからは、もともと多くはなかった扶持さえ失ってしまい、毎朝登る釜戸の煙も立つことはなく、父上とおじ様が道に立って家財の類をも売っておしまいになったという。 幅広の脇差も手放してしまいました。

今はただ一本の臘梅だけが十六代目の子孫に残されたのでした。

Creato da