しるこ

Furigana
Vertical
Resize Text
Reset

久保田万太郎君くぼたまんたらうくんしるこのことをいてゐるのをぼくまたしるこのことをいてたい欲望よくぼうかんじた。震災しんさい以來いらい東京とうきやう梅園うめぞの松村まつむら以外いぐわいにはしるこらしいしるこあとつてしまつた。そのかはりにどこもカツフエだらけである。僕等ぼくらはもう廣小路ひろこうぢ常盤ときわにあのわんになみなみとつたおきなあぢはふことは出來できない。これは僕等ぼくら下戸仲間げこなかまためにはすくなからぬ搊失そんしつである。のみならず僕等ぼくら東京とうきやうためにもやはりすくなからぬ搊失そんしつである。

それも常盤ときわしるこ匹敵ひつてきするほどの珈琲コーヒーませるカツフエでもあれば、まだ僕等ぼくら仕合しあはせであらう。が、かう珈琲コーヒーむことも現在げんざいではちよつと上可能ふかのうである。ぼくはそのためにもしるこのないことをなさけないことの一つにかぞへざるをない。

しるこ西洋料理せいやうりやうり支那料理しなりやうりと一しよに東京とうきやうしるこだい一としてゐる。あるひしてゐたはなければならぬ。しかもまだ紅毛人こうもうじんたちはしるこあぢつてゐない。し一つたとすれば、しるこまたあるひ麻雀戲マージヤンのやうに世界せかい風靡ふうびしないともかぎらないのである。帝國ていこくホテルや精養軒せいやうけんのマネエヂヤア諸君しよくんなにかの機會きくわい紅毛人こうもうじんたちにも一わんしるこをすすめてるがい。彼等かれらてんぷらをあいするやうにしるこをもかならず――あいするかどうかは多少たしよう疑問ぎもんはあるにもせよ、かくおうはすすめて價値かちのあることだけはたしかであらう。

ぼくいまもペンをつたまま、はるかにニユウヨオクのあるクラブに紅毛人こうもうじん男女だんぢよが七八にん、一わんしるこすゝりながら、チヤアリ、チヤプリンの離婚問題りこんもんだいなんかをはなしてゐる光景くわうけい想像さうぞうしてゐる。それからまたパリのあるカツフエにやはり紅毛人こうもうじん畫家ぐわか一人ひとり、一わんしるこすゝりながら、――こんな想像さうぞうをすることは閑人かんじん仕事しごと相違さうゐない。しかしあのたくましいムツソリニも一わんしるこすゝりながら、天下てんか大勢たいせいかんがへてゐるのはかく想像さうぞうするだけでも愉快ゆくわいであらう。

(二、五、七)

Created by